Just another WordPress site

会社設立代行

行政書士による会社設立の代行について

行政書士は官公庁へ提出する書類の作成の代行等の業務を生業とする法律の専門家です。会社設立の代行も得意としており、安価な費用で株式会社や合同会社を設立することができます。

税理士にも会社設立を依頼できますが、顧問契約を結ぶことが条件になる場合があります。行政書士の場合は、仕事を依頼しても顧問契約の締結は不要ですので、気軽に依頼することができます。

会社設立の代行を行っている行政書士はホームページを開設していることが多く、ホームページから仕事を申し込むことができます。料金表も掲載していますので、料金を確認してから仕事を依頼できます。行政書士に会社設立を依頼することのメリットは、自分でするよりも3万円以上も費用を安くすることができる点です。費用が安くなる理由は、4万円の定款印紙代が不要な電子定款で会社を設立することが可能なためです。

自分で会社を設立する場合には、登記申請書類を作成したら自分で法務局に持参することが必要になります。定款の認証も公証人役場まで出向いて公証人に認証してもらうことが必要になります。これはとても面倒な作業で、交通費もかかります。会社設立を行政書士に依頼すると、作成した書類を諸官庁に提出することも代行してもらえます。会社設立を行政書士に依頼する時には、電子定款で会社を設立できる点が大きなメリットです。電子定款の作成を自分ですると、とても面倒な作業が必要になります。

電子定款を作成するためには、住所地の市区町村役場に行って、住民基本台帳カードを取得することが必要です。住民基本台帳カードをパソコンで読み取るためには、ICカードリーダーが必要になります。ICカードリーダーを持っていない場合には購入しなければならず、数千円の出費になります。PDFファイルを作成するためのソフトも必要で、法務省オンラインシステムへの登録も必要です。行政書士は会社設立の際に必要となるコンピュータソフトウェアを全て完備しており、電子定款を迅速に作成できる環境が整っています。会社の設立は専門家に任せると、余計な出費がなくなり、正確な書類を格安で作成してもらえます。

会社の設立の代行業務は全国対応していますので、日本のどの地域に住んでいても依頼することができます。全国対応が可能な理由は、全ての業務はインターネットや郵便を使って行うことができるからです。

打ち合わせはメールで行いますので、事務所まで出向いて打ち合わせをすることはなく、迅速に仕事に着手してくれます。